サービス・製品案内

お知らせ

こんな場合はトソモへご相談を
・2000個以上の数量のご注文
・標準品以外の形状
・標準品以外の材質
・トリオコート範囲指定
・母材支給、加工希望
お見積もりお問い合わせはこちら

トリオコート® - シールテスト


トリオコートのシールテスト

水圧シールテスト結果報告書 平成15年3月18日
件名 トリオコートのシール性能を確認する。
目的 予めコーティング処理されたねじと未処理のねじを一定の時間、気温、圧力に静置し水のリークを観察する。
結論 トリオコート処理されたねじにリークの発生は無かったが未処理のねじは全数リークの発生が見られた。
製品 ナイロン12
試験条件 ワーク
A: SUS410B-1(タッピング) M4×8 N=5
B: 鉄Sタイトなべクロメート(タップタイト) M4×8 N=5
C: 鉄なべ平行ねじクロメート M4×8 N=5
D: SUS410トラス(タッピング) M4×8 N=5
E: SUS410座付(タッピング) M4×8 N=5
水圧計 キョーワ
メス側 厚み2mmのアルミ版
塗布位置
A・B・C: ねじ部のみ塗布
D・E: 座面のみ塗布
穴加工
A・B: 下穴3.2mm
C: ねじ加工
D・E: 下穴3.4mmで当り面を面取り加工
締付トルク 全てのワークにて13Kg・cm
水圧 0.3MPa
気温 20℃
時間 24時間定圧にて保持
結果 トリオコート
処理品
ワークA・B・C・D・E共にリーク発生なし。
トリオコート
未処理品
0.01MPa以下で全てのワークにリーク発生。
所見 圧力を0.5MPaまで上げても処理品にリークは観察されず。
我々の商品はねじ部全域塗布を施しておりその成果が発揮できていると思われる。また、当然ナイロン12を材料に使用しているためA・B・Cについては弛み防止も期待でき、環境問題(PRTR法、VOC排出抑制制度)にも抵触しないため今後ねじ業界では確実に認知されていくものと思われる。
タッピング・タップタイトにおいては、今までコーティングしてもピールの発生で意味が無いものとされていたが、今回ねじ込み作業時でもコート材の表面への浮き出しは見られず今までの定説を覆すものと思います。
トリオコートのお求めの方は、ご注文フォームよりご依頼ください。なお、その際には「品番・数量」をご指定頂きますようお願いいたします。
トリオコートのお見積、お問い合わせをご希望の方は、お問い合わせフォームよりご依頼ください。
        ▲ページトップ  


HOMEサービス・製品案内企業概要リンクプライバシーポリシーお問合せ  

Copyright(C)2012 TOSOMO Co.,Ltd. All Rights Reserved. トソモ株式会社