用途事例

Icinc

CASE 1

巡視・保守点検

現場でかざして点検ミス・点検漏れを防止し、作業の正確性と効率をアップ。

道路や橋脚などの保守点検業務で重要となるのが、ボルトの個体識別。iCincなら、現場でリーダーをかざすことで検査対象を間違いなく特定できます。
タブレット端末を併用して過去の点検・整備履歴を参照することで、漏れのない検査と異常の早期発見・対策が可能です。
想定外の点検項目も、タブレットで点検マニュアルを参照できるので、迅速に対応可能。点検結果をその場で入力すれば、報告書の作成にかかる時間を大幅削減できます。

巡視・保守点検

CASE 2

在庫管理

機材の場所ををかざして現物管理。棚卸・貸出業務もスムーズに。

複数の事業所で共有する車両やレンタル事業に用いる機材などの移動管理も、iCincなら楽々。
機器にリーダーをかざすことで容易に現在位置と状況を記録できるので、紙の台帳よりも正確でタイムリーな現物管理が可能になります。
機材情報はサーバーで一元管理することで、複数人・複数拠点での同時作業でも操作ミスによるデータの重複は起こりません。
貸出やスケジューリングも正確に行えるので、効率的で無駄のない機材活用が可能になります。

在庫管理

CASE 3

固定資産管理

受け入れから廃棄まで、正確な資産管理が可能に。

事業所内で使用する工作機械や大型IT機器などの固定資産管理にもiCincを活用。
機器にリーダーをかざし、ボルト固有IDで正確に個体を識別します。
受け入れ時に固定資産管理台帳とボルト固有IDをひもづけて管理することで、保守点検や廃棄・入れ替えの計画もスムーズにできます。
もちろん廃棄時にもiCincにリーダーをかざすことで、廃棄証明作成業務も万全です。 受け入れから廃棄まで、固定資産管理業務の精度が向上します。

固定資産管理

CASE 4

トレーサビリティ

銘板代わりにボルトを活用。どのような状態でも、かざすだけでその機器の履歴がわかります。

iCincのボルト固有IDを台帳に記録しておくことで、かざすだけで間違いなく個体を特定できますので、機器の稼働状況や使用状況を個体別に正確に記録できます。
また、海外で流通している中古機器などでは売買の記録がもれなく残っているとは限らないため「メンテナンスを依頼されたが自社保守対応すべき機材かどうか分からない」といったケースでも、責任範囲が明確になります。

トレーサビリティ

iCinc

PAGE TOP